てんからっ第3話4P「大器」「男子の本懐」

知識というものは役には立つものですが その知識に振り回され人は道を見失いがちです。 知識は力と同じで、持っていると使いたくなります。 ひけらかしたくなり、押し付けたくなり、何のためにそれを得たかも忘れてしまいます。 得れば得るほど人は己が見えなくなりやすいものです。 必要なときに、必要なだけ、知識とは使えることが好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんからっ第3話3P「おかえり」

伊勢まで行ってアマテラス様にご挨拶して(いや伊勢にアマテラス様がいるわけではないですが)、ツクヨミの宮やトヨウケ姫の外宮に寄ってきました。 神社や神宮と言っても個人的にそこに神様がいらっしゃるとは思っていないのでポーズだけだったりします。 心の中に社を築く、というのが日本の神様への祈り方としては合ってるのではないかと思ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自分は自分で良い」

他人に対する怒りや不満は、自分が正しいと思うからこそ外に出せるものです。 自分は正しい、だから自分が怒りを感じる奴は間違っている、間違っているなら、自分は正当ならば、堂々と自信を持って自分が傷付くことなく、他人を否定できるのです。 ですがこの世に正しいも間違っているも本来はありません。 正しいと間違っているはそれぞれの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「誰かを本当に愛した人生は何よりも幸せで、そして同じくらい辛い」 とある小説を読んで、その感想に自分で書いたコメントです。 書いたあとにハッとしました。 幸せというものは本来は存在しないものです。 人が言う幸せとは「苦しみから一時的に解放された状態」を指します。 苦しい状態から開放されるととても心地よいです…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

てんからっ第3話2P「思い兼ね」「あのときの」

第3話の2ページめです。 天界一の知恵者・思兼神(オモイカネノカミ)さんです。 個人的に本当に頭の良い人ほど一見は抜けてたりいい加減だったり バカっぽい振る舞いをわざとらしく笑顔でするだろうなと思っています。 自分の知恵や力を誇示したがる人ほど、ましてやそれを他人を貶めることで 自分に対して証明して気持ちよくなりたい人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今後出てくる予定のサブサブキャラクター3人の落書きです。 最近いろいろ本を読んでおもしろい小説があったのでオススメします。 どれももんのすごい有名ですが・・・ 童話でミヒャエル・エンデの「モモ」と「はてしない物語(ネバーエンディングストーリー)」 胸に突き刺さる、心をえぐるような表現とメッセージ性に言葉を失い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あけましておめでとう

ここ三年、現実的に目で見えるものは何も変わらず何も進歩もしていません でも、もう三年前の自分を感覚で思い出せません。たぶん、少しだけ変わったのだと思います 三年前に描いていた漫画のキャラクターたちも、もう描けなくなりました まるで自分の中身を少しずつ入れ替えるような三年間で どうあっても入れ替わらなかったものがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんからっ第3話1P「よろこび」

第三話です。 別段とくに劇的なこともなく進みます。 今回も新キャラ登場です。神話にはたくさんの神が出てくるので どんどん出していきます、その方が描くのも楽しいし楽ですしv 最近ちょっと仏道の本も読んでますが、とてもよく仏道というものがわかりやすく書いてありました。 思っていた通り仏道は他宗教と違い、「神さまを信じれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイトルなし2

知りたくないこと 気付きたくないこと 自分の本心 なにかを望んでいること 夢見ていること それがあると認めてしまったら 絶望しか待っていないから だから望まない 夢見ない 欲しがらない 求めない そもそも そんなもの持っていない ありもしない希望なら そんなものいらない 現実を見るの あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイトルなし

君は僕の太陽 一点の迷いも疑いも無く そう言える 小さいころからただただ探していたものは まさに君だった 美しく賢い君 心細く弱い君 そして優しく愛深い君 君は君が思うより はるかに尊く美しい だから 君を守りたい 君は君のままでいい 君のままがいい そのままの君を守りたい 君…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落書き「サルフク」

漫画でなくてすいません。 とてもひさしぶりに、カッとなった感情のままただ勢いだけでペン入れまで書き上げた絵です。 描きたいものをただ描いたのはひさしぶりです。 素直さは強さだと思います。 強い人でないと素直にはなれないからです。 本心に近ければ近いほど、素直になるには勇気がいて ついそこから目を背けて、逃げた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんからっ第2話8P「大丈夫」「公 務」

化学と宗教は同一で対立する表と裏みたいなものじゃないかと思います。 陰と陽とも言えるし、同じ答えを目指して正反対の道を進む二人のようにも見えます。 個人的なことですが 化学者という人間が、私はけっこう好きです。 学が無く知識の浅い人間なので、そういうものを持っている人に憧れる というのもあるにはあるのですが ちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんからっ第2話7P「おくさん」「でもどり」

人の痛みはわかりません。 たとえば病気とか、その病気にかかったことがないと その病気で苦しんでいる人の気持ちは汲み取ることは難しいでしょう。 痛みがわからないと、接し方もわかりません。 だからせめて、少しでもその相手の言葉や気持ちを 汲む努力を、すべきだったのだろうと思います。 静かに丁寧に、その言葉を聞くだけでも …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「きみのキレイに気づいておくれ」

サンボマスターの「きみのキレイに気づいておくれ」という歌を聴いて なんとなく思いついた絵を落書いてみました。 人によると思いますが 自分が好きになったものを褒めちぎりたい人はまま多いと思います。 でも自分が好きになったものを批判されて、怒ってしまうのは ただのエゴです。自分大好きさんなだけです。 自分の気持ちがイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんからっ第2話6P「反抗期」「更生」

自分自身が本当に大事にしているものが傷つかないと 人はどうあっても自分の間違いには気づけないものなのかと思います。 本当に大事なものを持たなければ、本当に大事なものを失う ということもわからないものかもしれないと思います。 他人を恨むなんて、そんな自己防衛すらできないほど 大事なものというのは心の壁の内側にいて 小手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんからっ第2話5P「迷子」「帰省」

日本神話でTOP3には入るだろう知名度と人気を誇るスサノオ登場です。 神話なんて知らなくてもスサノオとヤマタノオロチという名前は知ってる人は多いと思います。 この漫画では普通に脇役です。 漫画とは関係ない話ですが サンボマスターの「君のキレイに気づいておくれ」という歌がちょっと気に入ってます。 海月姫という少女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんからっ第2話4P「これといって」「独身」

ピクシブというSNSに入会して「日本神話」「天照大神」などで検索していたら 自分と同じような日本神話の神様方をネタにしたオリジナル漫画を描いてる方を見かけました。 あべまきさんという方で、高天原が舞台のオリジナル漫画と ヤマトタケル伝説にオリジナル解釈を加えた漫画を描かれています。 それがもうとにかく面白くて!本当にビッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。 痛みと苦しみと悲しみは、時間では癒えませんし 希望はそれ以上の絶望を生み続けていくでしょう 果てしなく無力だとわかっていても それでも あなたを幸せにしたい 今年がみなさまにとって本当の笑顔に出会える年になりますように 愛しさから笑顔が生まれますように
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんからっ第2話3P「力関係」

いままでの私の人生で、いったいどれだけの人を恨み、妬んだか知れません。 それと同じだけ自分のことも責めました。 手を合わせて、ただ音や気配だけに感覚を集中していくと まるで子供のころのような、ほんの小さいことに気付いて、それを当たり前のように捉えられる感覚になります。 一滴の水の揺れに大海原を想像したり、木々のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more