100万回生きた猫

人生において、それ一つしか選択肢が無いという人生と

たくさん自由に好きなだけ選べるほど選択肢がある人生と

いったいどちらが本当の意味で幸せなのでしょうか?



私は前者だと思っています
まだ若いころ「100万回生きた猫」という絵本を読みました
とても感動したことは憶えていますが
それを本当の意味では理解していなかったろうと思います
今なら少しはあの頃より理解ができます
彼の孤独が、より理解できます
彼の至福が、彼の歓喜が、彼の幸せが、彼の愛が
生まれた意味というものが理解できます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック