自由を信じる生き方

この世界で自由でない生命はありません
すべてみな自由です
この世界は一つの法則に沿っています
それは一切の不確定要素の無い法則です
完全な法則という自由が、そこにあります

誰しもが自由に生きることができます
それを望めば、それは叶います
でも、そうでないように誰もが感じています
それはなぜなのか?
「私は自由ではない」と誰もがそう信じているからです

誰もが完全な自由を持って、自分に不自由を課しています
不自由を望み、不自由になっているのです
現実とは五感より入力されたものを統合し意識上に投影されたものです
五感より入力された情報は、ただそれだけの情報でしかありません
情報に善や悪も快も不快もないのです
それらに善悪や快不快という価値を付与しているものが意識です
意識は自己が信じたものを投影させます
入力された情報を色付けして魅せるのです
そして人はそれを現実だと認識します
意識が信じたものが現実を投影するのです

では、人が五感で感じている世界とは何なのでしょう
世界はさまざまな分子でできており、空間の中に存在しています
では分子とはなんなのでしょう、それは原子でできています
そしてそれらはどこまでも細かくなっていき
最終的に物質ではなくなり、エネルギー(波)になります
世界というものは
人間の五感からすると、不可知の波でできており
現実とは、この波によって意識上に映し出された夢のようなものです
そしてこの波には方向性という色などありません
その波に色を付けているのが、自己がそうだと信じたものなのです
そうだと信じたものが、現実を色付けます

人はただ自由です
その色付けはすべてその個人にまかされています
完全な自由です、それは完全な自由なのです
そうだと信じたものが、現実なのです
そうだと望んだものが現実なのです
そうだと信じた自己が、自分なのです

自分の本当の望みを心に聞いてみれば
それはすぐにわかります
それを為すために生命はあるのです
そこに行きなさい
すべてを捨ててそこに行けなどとは言いません
ただそっちの方へ歩いていきなさい
立ち止まっても、休んでも、回り道をしても、戻っても
なにをするのも自由です
でもそちらへ行きなさい
それを「望んだ自分」を信じなさい
望んだ色を付けなさい
世界にはあなたしかいません
あなた以外誰もいないのです
自分を愛しなさい
自分のすべてを愛しなさい
奇跡とは、起こらないものでも、起こすことが難しいものでもありません
奇跡とは、いつか起こることが確定されている事象です
それをいつ起こすかも、自分の自由なのです
さぁ、いってらっしゃい。そしておかえりなさい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック