本心の見つけ方

画像


信じてもらえるということは嬉しいことです。
お互いに苦しい状況下でなお信じてもらえるということは胸が震えます。
それしか道は無い、でもその道は険しい、そういうときに
それを待っていてくれる相手、信じてくれている相手がいるということは
喜ばしいことです。

それを重荷だと思う人もいるでしょう。
信じて待つ方は気楽で無責任と思う人もいるでしょう。
そっちの勝手な都合を押し付けるなと思う人もいるでしょう。
相手の期待まで背負えない、そんな重い責任はとても背負えない
一人の方が失敗しても痛手は最小限ですむから
自分の痛みは耐えられても、他人の失望は耐えられない
でも
自分という人間の可能性を信じてくれる人がいるということは
その夢や希望を信じてくれる人がいるということは
幸せになりたいという願い、幸せにしたいという祈りは
前に進むと心が決めた瞬間に、その決めた意志を支えてくれるようになります。

期待をかけるということと、信じて待つということは
似ているようで真逆のことであったりします。
期待をかけるということは、その期待に応えて欲しいということです。
信じて待つということは、、、たとえ失敗して傷付いたとしても
それでも信じた相手を受け入れる準備がある、ということです。
前者は欲であり、後者を愛と言います。
この二つは切っても切れない表裏です。
同じものから生まれた二つの側面です。
この同質で対のどっちが強く表面化するかはその人の意思次第です。
人は進む道を選べます。
人は見る世界の色を選べるのです。

信じるということと、疑いすら持たないということは違います
疑いすら持たないことは盲目です
信じるということは、選択した意思です
自らの意志で世界の彩りを決めることです
そして愛するという意志は、生まれ生きて死ぬという究極の問いの答えです

人はとても不思議な生き物です
苦しみの底からしか本心を拾えません
そこまで真剣に苦しめるものに出会えたこと
それが本当の自分だったと気付かせてくれます


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック